« 岩菅山にて | トップページ | 思わぬ遭遇、本そして人 »

2004/11/04

オカリナ体験

本日、陶芸教室の日。
月の始めの教室は、まずお茶会をしてから、各々の作業に入る。
そのお茶会で、作陶展でおこなわれた オカリナ の演奏が好評だったという
話になった。
オカリナは陶器である。自分で作る人も多くいる。
今回の作陶展でも、演奏とオカリナの展示もあった。
オカリナの話で盛り上がっていたら、社長がご自分のオカリナを
持ち出してきた!なんと4つも持っているとは!
教室の生徒さん・まさみさんもオカリナをやっているので、
吹いてみせてくれる。 深く優しい音色・・・
この音っていうのは、何というか「故郷」を思い起こさせるような・・・
懐かしいような・・・あったかいような・・・そんな感じでとても癒される。
それで、私も吹かせていただいた。
一応、吹奏楽歴十数年…(年数ばっかり重ねて実はないんだけど・汗)
楽器には強いつもり。運指の基本は単純だったのですぐに覚えることができた。
問題は音である。 穴をしっかりふさがないとしっかりした音にならないし、
息も一定に入れないと、音がふるえてしまう。
おまけに、力んで必死に穴をふさいでいるので指がプルプルする。
それでもちゃんと音は出てくれて、
「さいたさいた」や「ちょうちょ」など超初歩的な曲は吹くことが出来た。
これが嬉しくって! ソプラノリコーダーで初めて曲が吹けた時のような気持ちかな?
もっともっと綺麗な音を奏でることが出来て、皆で演奏できたら
どんなに楽しいだろうと思った! 吹奏楽魂(?)に火がつきそうだ(笑)

オカリナは自分で作れるのも魅力。
自分で作った楽器で演奏をしたい! 思い立ったら止まらない…
まずはオカリナ教室に入るか!? (笑)

d401104.jpg

|

« 岩菅山にて | トップページ | 思わぬ遭遇、本そして人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61433/1867545

この記事へのトラックバック一覧です: オカリナ体験:

« 岩菅山にて | トップページ | 思わぬ遭遇、本そして人 »