« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006/01/31

Skiはじめ

d060131-1スキーしました。
自分の足元がこんな感じなのは違和感・・・
板もブーツもレンタルですが。

スキー歴は浅い、というより、ほとんどやったことがないのです。日数をトータルしたら・・・4~5日じゃないだろうか。しかも一日数本・・・ はっきり言ってターンの仕方が分かりません。ものすっごい緩斜面で、ヨロっ オヨヨっ となりながら下ります・・・思いっきりボーゲンで、片足に加重すると曲がるでしょう?そんな感じでまったりと下ってきます・・・少しでも斜度があると怖い。
スキーのいいところは、両足が自由なのでなかなか転ばないところですね。スピードさえ出さなければ大丈夫。
そんなわけで、今日は。
バーンがガチガチでした・・・(泣)異常にスピードが出てしまうわけです。
それでもこういうのは、身体をしっかり動かして重心移動をしなきゃ・・・と大袈裟めに右・左と加重をかけてみました。おお、ちょっと楽しくなってきた!? しかし調子に乗ると、ヨタヨタです。

将来はスキーをしたいなぁ。
今はテレマークスキーをやりたいのだけれど、
アルペンスキーでこんな調子では、先が思いやられます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SNOW*23 白馬さのさかでスクール

1月29日(日) 天気 晴
メンバー:ろこ、あっちん、namy
雪:ゲレンデ圧雪バーン(快適)

d060129

ロコさんにくっついて、さのさかのAZスノーボードスクールに入塾しました。
グループレッスン半日・・・一緒にレッスンを受ける予定だったYukiちゃんが
高熱でダウンしたので、なんとなくテンションが下がってしまい・・・
申し込みする時点で、「半日でいいよ~」なんて言っていました。
先生は埼玉出身のB級インストラクターの方。
当たり前ですが、ものすごくきれいなフォームで、美しいカービングターン!
それだけでもう魔術にかかってしまったかのように、先生のいいなりです(笑)
びっくりしたのが、ロコさんの成長ぶり!
もちろん、もともと山もゲレンデもガンガンいける方なのですが、
今までレッスンを3回ほど受けたのち、ひたすら自主練習の成果もあって、
めちゃくちゃかっこいいターンを描いて滑っていく姿を見て・・・
よっしゃ、わたしもやってやるーーと思ったのでした(単純)
やっぱりビデオにはかっこよく映りたいし!!

まずはっとさせられたのが、カービングターンの解釈そのものを
間違っていたってこと・・・ 自分ではカービングターンが少々は出来ていると
思っていたけれど、全然できてませんでした。
意識して滑ると、ターンの時に板が思いっきりずれているのに気がつくし、
ターン弧がカービングになってない・・・ やっぱり凹みます。
気を取り直して、先生に細かく教えてもらいましたが、
身体がカチカチになるし、言ってることを頭で理解しようとしても混乱するし、
先生の言うとおりにやろうとしても出来ないし・・・
途中で「んがーー!わからん!」ってなってました。

・ターンの前半でカービングは決まる!
・クロスオーバーをしっかりと!
・板はしっかりと立てる、ねっとりとターンする!
・体の向きに注意!
・腰の落とし方しっかり!

簡単に言えばこんなところかな。
半日のスクールにしてしまったのが悔やまれました・・・
その分、午後はロコさんのプチアドバイスをもらいながら、ひたすら自習。
その時、自分の中で何かが変わった気がします。
ギュイーーンとカービングを描く板の感覚が分かってきたというか。
キュインと急にターンを描くのではなく、ねっとりじっくりと丁寧に
前半のターン~クロスオーバー~後半のターンと切り替えます。
腰を前に向け、腰を落としてやると意識しなくてもターンが切れていきます。
おおお、これなのね!

まだまだ何回かに1回しか、その感覚が分かりませんが、
少しずつつかめてきた気がします。あとはひたすら練習だなぁ。
自分なりの課題が解消できてきたころに、またスクールに入って
次のステップにいくのもいいかな、と思いました。
これができると、パウダーや山での滑り、急斜面の滑り、
それから地形での当て込み・・・などなど、もっともっとスマートに気持ちよく
滑れるんだろうなあという予感があります。
運動神経悪いうえにセンスないので、3倍くらい練習しなくちゃいけませんが・・・
(悲しいことに事実なんです・泣) 頑張ります~~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

梓湖畔の湯

*さわんど温泉 梓湖畔の湯      (安曇野市/700円)

国道158号線は、松本市内から上高地&乗鞍方面へ行くメイン道路。
よく通っているのに、道沿いの温泉には一回も入ったことはなかった。
今回はさわんど(沢渡)温泉に入りました。
何件かあるのですが、梓湖畔の湯。湖はどこにあったのー?
露天から見下ろすと梓川は見えましたが・・・ でも砂利工場みたいのがあって興ざめ。
お湯は源泉が65.5度! 熱くてなかなかに良かったです、湯の花がたくさん浮いていました。
ひとり占めだったのでゆ~っくりつかりました。
こじんまりした印象の温泉でした。

d060128-2d060128-3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/30

SNOW*22 焼岳 撤退しました

1月28日(土) 天気 晴/曇
メンバー:ろこ、かっちろ、かいちょ、新庄さん、まっちゃん、
     サカイさん、J、namy
会った人:ヒコマサくん、上田さん
雪:パウダー

d060128

ろこさん隊長で、上高地の山、焼岳へ初アタックでした。
朝(夜)2時頃に家を出て、集合場所に4時半・・・
ヘッテンをつけての出発。 やる気はまんまん、
しかし、今回メンバー8人のうち4人がスプリット、1人がテレマーカー・・・
スノーシューの私はだいぶ引き離されるか体力的に皆に迷惑をかけるようなら、
別行動&エスケープルートを考えていました。
天気はものすごく悪いということはなかったんですが、
悪かったのは雪!
今まで山を滑っていて・・・一番悪かったと言ってもいいかもしれません。
ピットチェックの結果はVeryEasy! 
不気味なワッフ・・・ 
もちろん、すぐに撤退しました。
しばらく焼岳を滑るのは難しいかもしれないです。 →レポ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

かえで

d060126
2005.12.15撮影

立派ないろはかえでの木です。
秋になると葉を鮮やかに染め、見る人の心を和ませます。

今、この木はありません。

老木のため、幹がほぼ空洞になり中央の又の部分がさけてきてしまったのです。
樹木医の診断でも、もう、だめだろうということでした。

いつからここにこうしていたのか。
自分よりはるかに長いときを、この場所で、いろんなものを見てきたんでしょう。

この場所じゃなかったら、もっと長生きできた?
土の柔らかい山の中だったら、今年の秋も鮮やかに色づいていた?

ううん、かえでは、この場所にいてよかったんだと思う。
たくさんの子どもの成長を見守ってきたのだからね・・・
このかえでの分も、子供たちには元気いっぱいに育ってほしいと
思います。

だけれど、まだちょっと
なんとなく寂しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/27

モーツァルトの誕生日

今日は、モーツァルトの誕生日だそうです。
生誕250周年ということもあり、ファンの間では盛り上がりを見せているようです。

クラシック音楽は嫌いじゃないです。
学生時代は吹奏楽をやっていたので、いろんな作曲家の楽曲を
演奏する機会にも恵まれたし、クラシック音楽を若いうちから楽しめたのは、
今思うとありがたいなぁと思うのです。
様々な曲・・・流行のポップスからロック、クラシック、課題曲・・・
やってきましたが、この作曲家の曲は好きだな、と思えたのが
ヨハン・ショトラウスとモーツァルト、ホルスト、でした。
モーツァルトの曲は独特な音符回し(?)があり、
それがまた聴いていても演奏していても心地いいのです。
何曲か演奏しましたが、中でも好きだったのは
「ホルンコンチェルトNo.1 Op.412」のブラスバンド向けにアレンジされたものでした。
パートはFluteです。役割は主旋律(オーケストラで言ったらバイオリン)に
「飾り」をつける・・・ モーツァルト独特の細やかな主旋律のバックで
曲を通して演奏し続ける、というイメージでした。
音符が細かく正確さと軽やかさ、主旋律を邪魔しない程度の可憐さ・・・でしょうか。
そんなものを求められたような気がしますが、
不思議と練習は苦にならなかったのです。
他の曲の細かい音符はマスターするまでが苦痛だったこともあるのに。
まさにモーツァルトマジック!?

ギュッと濃縮された100曲CDもいろいろ発売されているようなので、
チェックして買ってみようかな?
改めてモーツァルトを聞いてみようと思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

デジカメのリコール

今使っているデジカメは4代目である・・・
1代目はPatnasonicのLUMIX。
山を歩いている時に落としてレンズを壊してしまったようで、
普通に撮影してもPhotoshopで加工したような写真になってしまった。
修理するより買った方が安い・・・
2代目はCanon PowershotA70。
当時どんどん小型化、薄型化してスタイリッシュになっていく
デジカメの中で、敢えてそれを選ばず、これにしたのは、
撮影しやすいことと、画がきれいなこと、マニュアルモードがあるから。
このカメラも1年経たないうちに、故障。乱暴に扱わないように
使っていたはずなのに・・・撮影すると、全体的に紫色になったり、
黒いノイズが走るようになってしまった。
この機種が好きだったので、3代目はオークションでまったく同じ
機種を購入。しかし半年もしないうちに同じような壊れ方を・・・
仕方ないので、またもや修理には出さず4代目はSonyCyberShotDSC-W5。

昨年11月にCanonからCCDの不具合から、リコールが発表!
そんなニュースをつい先日教えてもらったんだけれど・・・
チェックしてみると、2代目・3代目も対象品。
なんだ・・・皆に「使い方が荒いんじゃないかー」と言われてたけど、
(自分でも人より荒いかも、という自覚もあったし・笑)
そうじゃなかったんだなぁ~ 安心(笑)
運送会社が引き取りに来てくれるようなので、2台とも修理に出そうかと。
さて、修理の終わったデジカメ、どうしようかなぁ。
気に入っていたので、1台は残すか!? SDカードないけど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/26

地中海風鍋

d060122-3 d060122-4
鮭と野菜の地中海風鍋

野菜のお値段が高かったんだけれど、これが食べたい・・・と思ってしまったので、
ちょっと豪華気分で変わった鍋をやってみました。
コンソメ味がベースなので、鍋というよりはスープって感じかな。
4人分の材料を使ったはずなのに、あっという間に食べちゃいました。
おいしい~ アンチョビとにんにく+唐辛子からいい味出てます。
野菜がたっぷり取れる鍋ってやっぱりいいねぇ~
残ったスープにもう一回野菜を追加して、スープスパにしてみました。
スープが煮詰まって味が濃くなっていたので、パスタに合わせて
ちょうど良かったです。
彩りもキレイなので、おもてなしにもいいかもねぇ~

{材料} 鮭 パプリカ ズッキーニ トマト エリンギ アンチョビ にんにく 
    赤唐辛子 オリーブオイル バター 白ワイン コンソメスープ 
    クレイジーソルト
{作り方}
1.鮭と野菜は食べやすい大きさに切る
2.アンチョビは細かく切り、にんにく(1片)はみじん切り、赤唐辛子1本は小口切り。
3.鍋にオリーブオイル、アンチョビ、にんにく、赤唐辛子を入れて炒める。
4.バターを加え、白ワインとコンソメスープ(3カップ)を注ぎ入れて、
 クレイジーソルトで味をととのえる。
5.1の具を加えて煮る。

*元のレシピは、クレイジーソルトではなくドライバジル+塩こしょうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/25

二重太鼓

久しぶりの着付教室。
今日は浴衣の着付けと、半巾帯の締めかた三種・・・だったんですが、
私は1回休んでしまったので、着物+二重太鼓の締めかた をやりました。
袋帯を使うんですが、まだ用意できてなかったので、
makkoちゃんの袋帯を拝借させていただき、練習。
しまったー、最近復習してないのでかなり忘れてます、やばい。
いちいち質問する私に、なおみ先生辛抱強く教えて下さいました。
先生、ほんと、優しいです。

二重太鼓はいいですねぇ~
お太鼓に厚みが出るので、よりしっとりと落ち着く感じ。
柄にもよるんでしょうけどね。
来週はなごや帯で変わり結びをやることになりました。

d060124
↑着物は7000円くらいの小紋(ポリエステル)
袋帯はmakkoちゃんがリサイクルショップで買った500円のもの!
すっごいかわいい帯! リサイクルショップあなどれないなぁ。

家へ帰って早速、ネットオークションなどで、袋帯と半巾帯を検索してみました(笑)
やっぱり良いものは高めですね・・・
アンティークものでも、これいいな!って思ったものには、
入札が殺到している感じ、うまく落とせたら1本くらいは
アンティークの帯も欲しいなと思っているのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京豆富 不二乃

東京、丸の内ビル内にある豆腐料理のお店に入りました。
丸ビル・・・初めて入りました(笑)
高級感あふれる(ように見えた)ビル内のテナント、
食事処は6階と7階だったかな。
豆腐は大好きなので、ココに入りたい!とリクエストしたんだけれど、
入ってみてそのお値段にびっくり・・・
オーダーはゆば三昧のコース。
ゆばだけにどれもさっぱりとしていて食べやすいんだけれど、
ゆばの食べ方がこんなにバリエーションあるものだとは。
京料理らしく全体的に薄味だったのも良かった。満足!
最後に、黒豆コーヒーが出てきました。
コーヒーというより、ちょっとお茶っぽい味だったのが珍しく
ゆば料理の最後にぴったりでした。

fujino1fijino2
fujino3fujino4
fujino5fujino6

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/01/24

壽 新春大歌舞伎

「中村雁治郎改め坂田藤十郎襲名披露 壽 初春大歌舞伎」を見に行ってきました!
もともと歌舞伎は大好き、だけれど、地元では見るチャンスがなかなかなく。
京都南座と大阪松竹座へ足しげく通ったのは、もうだいぶ前のこと・・・
その頃の熱い思い(笑)がよみがえってきましたよ~
今回は好きな役者さんが出ていて、しかも以前よりも大きな役ばかり。
時の流れを感じました。
役者さんの芸からも目が離せませんが、その衣装、舞台セット、ストーリー
そして、長唄や囃子連中も、全てが合わさって、
なんとも言えない空間を作っています。その雰囲気が好き。

演目の中では、「奥州安達原」これに泣きました。
初めて見る演目だったのだけれど、ひたすら泣いている福助さん・・・
親子の絆よりも武家の体面を大事にする時代の悲哀、
どんでん返しの、またさらにどんでん返し・・・
よかったぁ~

そして万才。お祝いの舞ですが、女形の福助さんが美しすぎる~!
指の先まで磨かれた芸のとりこです。

はい、中村福助さんのファンです・・・   渋い?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SNOW*21 微妙・・・ ヒヨドリ峰

1月22日(日) 天気 晴れ
メンバー:けんG、アッシ、green、J、namy
雪:パウダーの20cm下クラスト

d060122-1
rider:green

天気予報は下り傾向、風も強そうだけれど、
午前中はもつんじゃないかということで、行ってきました。
雪はコンスタントに降ってはいるけれど、それほどの量ではない、
先週の雨のち気温がぐっと下がってきていることから、
積もってはいてもそれほど期待は出来ないと思っていた。
今回は初BCのgreenちゃんもいるし、状況で場所を選べるし、
短時間で下山できるし、午後から栂池ズン券組のmakko&Mizuhoちゃんに
合流も出来るし・・・とヒヨドリに決定。→レポ

お昼を食べてgreenちゃんの帰宅を見届けたあと、
再びゲレンデトップまで行き、パークの小さいキッカーで遊びました。
この長い板であのサイズ(但;小さいです)飛ぶのは初めて・・・
だけど、安定感はかなりある、長いというのはそこが安心、わたし的にはね。
リップを抜けたあと、意識して体を前に持っていかないと、
思いっきりテールからパタンコ!と落ちる、ちょっとみっともない。
2回飛んでもそれは治らない。自分の技術もないからなんだろうけど、
やっぱり板の性質もあるんだろうなぁ。
オーリー(うまくできてない)をするとき、右足(後ろ足)で蹴り上げることも
意識するんだけれど、この右足の位置が、板のかなり後ろになってしまう。
まー、飛ぶための板ではないので、板の中心もかなりうしろ。
そうなると、右足で蹴った時点で板はかなり上を向いたまま飛び出し、
空中で前に体重を持って行く意識(空中で弧を描くように)しても、
着地するまでに「弧」になる時間がないのかも?
だからテール落ち!
・・・・単なる言い訳ですかねぇ(笑)
うまい人はどんな板ででも、かっこよく飛ぶわけだから、
練習すればこの板でもきれいに飛べるようになるかな?

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2006/01/23

あのお話が。。。!

確かあれは高校生の頃だったか。
その作家さんに出会ったのも、そのお話に出会ったのも・・・
3人が主人公の宇宙を舞台に繰り広げられるヒューマンストーリーは、
わたしをドキドキ・ワクワク、そして時にはじんわりほろりとさせてくれました。
そのストーリーが形を変え・・・(でも多分、根本にあるものは変わってないでしょう)
この度出版されました。

講談社青い鳥文庫 ステラ秘密の宝箱」後藤みわこさん:著

自分が夢中になった話を、大人になってから、
「出版社から発売になった本」として読めるというのは、
何となく不思議で、でも、ものすごく感激、それからよくわからないけれど自信。
ついにやったんだという達成観?いや、作者のみわこさんにとって、
それが「達成」というのとはまた違うんでしょうけれど・・・
大人になって、自分が読者という立場とまた別の立場で、
この本を子供たちに伝えられるというのも、とっても嬉しいことです。

青い鳥文庫は子ども達にも人気のシリーズで、
はやみねかおるやあさのあつこ、眉村卓などなど・・・
大人気の作家さん達が、毎月楽しい本を出版されている講談社の文庫です。
言ってみれば児童書の殿堂?
この本が出版されるまでの裏話もお聞きしました(通信ですけど)
知るとますます愛着がわきますね!

先日ご本人みわこさんから出版された本を送っていただきました。
もちろん自分でも1冊買うつもりなんですけどねー♪
本をパラパラと見ながら、まだストーリーを読むにはいたっていません。
なんだかもったいない(笑)気がして。読むのが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CAFE GRAND

d060121-1d060121-2

東京駅の中にあるCAFE GRAND
いやはや大都会はすごいな。。。なんて、田舎者丸出しですが、
改札口を出てすぐのところに、おしゃれなお店がいっぱいあってねぇ(笑)
お腹を満たすためにはじめに目についたアジア料理のカフェ。
メニューはタイとインドネシアのものが中心でした。
パッタイ、レモングラスのカレー、ヤムウンセン、卵焼き(カイヤッサイ)を食べました。
パッタイは焼きそばの麺を使って、「パッタイ風」でしたが、
これなら家でも出来そうという味でした(笑)
全体的に日本人好みにしてあるので、アジア料理としてのパンチはないにしても、
味はまあまあ良かったです。特にカイヤッサイにのってる
トマトケチャップ(トマトソース)が手作りっぽくておいしかったなぁ。

駅の構内でこんな食事を楽しめるなんて、田舎から出ていった者にとっては嬉しいことかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/22

カラオケBOX

d060120久しぶりにカラオケBOXに行った!
最近は室料がすごく安い上に、料理のメニューも豊富でびっくり。
この日は直ちゃん&Mちゃん、あやちゃん&Hちゃん、とお子様も一緒だったので、Kidsルームを予約して出かけたのだけれど・・・ 子供をつれてゆっくりできない女性にとって、カラオケBOXもなかなかいい空間だな~と思ったのでした。何しろ防音だからお子様がにぎやかに遊んでも大丈夫だし、Kidsルームには滑り台や動物の形をしたシーソーなどなどおもちゃもあったりで、大人たちが会話をしている間も、飽きないで過ごせると!
飲み物はドリンクバーだから飲み放題だし・・・食事も軽食からデザートまで揃っていてチープに楽しく時間が過ごせる。
カラオケ?
一曲も歌いませんでした~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栄華

d060115-3d050115-5

d060115-4元妙高高原町、杉ノ原や池ノ平スキー場の近くにある中華料理屋です。
妙高の温泉街、メインストリート?沿いにひっそりとあり、しょっちゅう前を通っているのに、全然気が付かなかったお店です。9人でどやどやと押しかけたんだけれど、時間が少し遅かったせいか、全員無事着席。
メニューはたくさんあって、以前この店に来たことのあるFussy3号によるとどれも美味しいらしい!そう言われると迷っちゃいますね~
お茶は熱いジャスミンティ、雰囲気も昔ながらの食堂って感じで落ち着きます。みんなで一皿から揚げを頼み、わたしは揚げあんかけそばを頼みました。天津飯、五目あんかけご飯、麻婆ラーメンも食べさせてもらったけれど、
どれも美味しかったです。ボリュームもたっぷりあって、食いしん坊には嬉しいですね。
リピートすると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/20

粉引きの皿、続き

2006年明けて、ようやく陶芸らしい作業をしました。
年末に作った粉引きの皿は乾燥させた状態のまま、年を越してしまいました・・・
今日は余分にかかってしまったお皿の裏の粉引きを削りました。
d060119-1使った道具は←こんな感じ。
ちまちまと削っていたら、また先生に
「どんどん削らないと!」とつっこまれてしまいました(笑)
大胆にやる部分と繊細な部分を使い分けなきゃな~とは思うんですが、ついつい、神経使いすぎてしまうんですね、こういう「修正」の作業って。
溝の部分は適度に残しておくといい味になるかな?と思い、
最後にはガシガシ削り落としちゃいました。
これを素焼きし・・・透明釉をかけて、さらに焼成して完成です。


さて来週は何を作ろうかなあ~
ろくろは冷たいし・・・ 作りたいもののイメージはあるんだけれど、
毎年冬の間って陶芸がおろそかになってしまうんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SNOW*20 PC2日目 飛ぶ飛ぶ~~!

1月15日(日) 天気 晴れ
メンバー:門馬さん&Family、へろ丸、しーのー、makko、Fussy3、
      ヒコマサ、ケイコちゃん、J、ヒデさん、namy
雪:シャバシャバ

d060115-1

黒姫のこんもりと積もった裏山(庭)の雪で遊びました!
アイテムは 「SNOWBOOGIE」
これかなり面白くって、いい大人たちがおおはしゃぎ♪
お腹が痛くなるまで笑い転げ、これぞ雪遊び!を満喫した半日でした。
レポ
Life is good
makkolongy 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/19

暖炉の前で

パウダーキャンプ1日目の夜は、みんなで門馬邸へお邪魔しました。
大きな暖炉のある暖かく優しい雰囲気のある素敵なお家。
mnmd0108

あるじである門馬さんの手料理をご馳走になりました。
料理中、みんなでキッチンに集まって、手伝ったり味見したり。
手際の良さには感心するばかり。
生地は手ごねで空中へ飛ばしてピザ作り、づけ寿司(?)、クラムチャウダー、
パスタサラダ、特製味付けの焼きそば。
豪華です。男性陣、門馬さんをしっかり見習うように(笑)

ワインとビールで乾杯!
北海道チームにいただいた「美酒」にも酔い酔い。
食べきれない量の美味しい料理って幸せ。
みんなで囲む食卓も幸せ。

夜はみんなでミノムシになっておやすみなさい・・・
このお家はなんてあったかいんだろう・・・暖炉があるからかな・・・
ZZZzzzz。。。

mnmd0101mnmd0103

mnmd0102mnmd0107
mnmd0104mnmd0105

mnmd0106ハック

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/18

黒姫温泉

*黒姫温泉 アスティ黒姫       (信濃町/500円)

黒姫スキー場の近くにJAが経営する宿泊施設「アスティ黒姫」がある。
日帰り入浴もやっていて、一応温泉らしい。
以前何回か一人で入りに行ったことはあったけれど、今回久々・・・
行ってみてびっくり。
お風呂も施設全体もリニューアルされて綺麗になってる~
昔はちょっと古っぽくて、眺めだけはとてもいいなぁ~という温泉だったのが、
女風呂はドレッサーもついて脱衣所もひろ~い。
もちろん風呂場もきれいになってました。眺めは相変わらず良さそう。
3階にあるから晴れれば、山々も綺麗に見えるんだそうだ。
自分が行ったときはいつもガスが出ているか曇りで山は見えたことがない。

d060114-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SNOW*19 PC一日目 妙高赤倉

1月14日(土) 天気 雨
メンバー:門馬さん、へろ丸、しーのー、makko、Fussy3、
      ヒコマサ、ケイコちゃん、J、namy
雪:べちゃべちゃ

d060115-2土日を使って仲間内でパウダーキャンプ。
ほんとはカマクラ作って杵と臼でもちつき大会~の予定だったけれど、雪が多すぎてとてもじゃないけれどそんな余裕なし。土曜日は、本来ならみんなでウハウハのパウダーをいただいているところだったのに・・・ 生憎の雨!雨!雨! 雪は無残にもべちゃべちゃになり、戦意喪失。

しかし予定通りプチ雪崩講習会を行ないました。
今まで知識として頭にあったことを確認することと、新しい知識を得ること、
机上だけでなく実際のフィールドで行うこと、
そして何より、いつも一緒に山へ入る仲間たちと、
上記のようなことを確認、意思疎通、実践しておくことがとても大切だと考える。

赤倉スキー場のパトロールの許可を得て、
ゲレンデから少し奥に入った場所で
・ゾンデの扱い方・役目、ビーコン各種の特性の確認
・コンプレッションテスト
・ルッチブロックテスト
・埋没体験
・セルフレスキュー模擬実践
などをおこなった。

d060114-3d060114-4

*ビーコン
PIEPS(アナログ) トラッカー M2 F1 X1
 ・一番遠くから受信出来るのはF1とM2 
  次にトラッカー X1  最後はPIEPS
 ・至近距離でより正確にターゲットに近づけるのは
  トラッカー X1 M2 (やはりデジタルで方向も分かるものは強い)
  但し使用者の慣れの度合いもあるので、必ずしもそうではない。
 ・ビーコンの特性によって、セルフレスキューの役割分担を
  考えるのもよいかも。
*ゾンデ
 ・地面、人体、ザック、木などによって感触の違いを確認
 ・取り出すときにあわてない、袋には入れておかない方がいいかな
 ・ハイクアップ途中の斜面をゾンデでつき、雪の状態を確認することもできる
*コンプレッションテスト
 ・一部分の雪の状態しか確認する事ができないので、
  これが絶対ではない
 ・これから滑ろうとする斜面と同じ向き、斜度の場所で行なう
 ・この日はモデレート8(30㎝) ハード5(80cm)だったかな?
*ルッチブロックテスト
 ・Fussy3(軽量小柄女性、ボーダー) ジャンプ数回 崩れなし
 ・へろ丸(男性大柄、スキーヤー) 強いジャンプ4回 1mほどのところで切れる
 ・ただし、テスト斜面は斜度が18度ほど?しかなかった。
*埋没体験
 ・ゾンデでついてみた。
  感触が違うが、必ず確信をもって人間だとも言い切れない。
  もしヘルメットなどに当たった場合、木などと勘違いするかも?
*セルフレスキュー訓練実践
 ・1人埋没・・・3~4人1チームで
 ・2人埋没・・・全員で
 ・指示するリーダー、二次遭難を防ぐための見張りをおく
 ・必ず全員すぐにビーコンを受信モードにきりかえる
 ・ゾンデの使い方・・・ある程度の範囲がしぼれたらゾンデで確認
          ただし狭い範囲を数人でやみくもについても無駄が多い
        →引き続きビーコン探索、スコップで掘る人、ゾンデとわかれる
        →人数が少ない場合は・・・しぼりこめたらどんどん掘った方がいいか?
 ・スコップ・・・早く深くほっていくことも大事だが、なるべく間口広くなるように
        掘っていかないと、お互いのスコップが邪魔をしあい効率的でない。
 ・2人埋没の場合、1人目発見から、2人目探索への人数配分
  1人目にかかりきるか、かかりきらないか。人数が少なかった場合は?
 ・二次雪崩の時にすばやく送信モードに変えられるように心構えと練習
*今後の課題
 ・救出後の怪我の手当て、低体温症への対応や知識、救急法       

d060114-5d060114-7

他にもいろいろ気が付くところ、課題とするところはあったけれど
上記のようなことをじっくりと出来たことは、ほんとうに良かった。
機会があれば、机上講習など引き続きやっていきたいし、
なんといってもまずは山へ入った時に、実際の雪や地形を見て
判断できるようになることが大事だと思っている。
それから、当日までの天候、気温、風向き、風の強さ、降雪、融雪を
データとして蓄積しておくことも必要だし、
もちろん当日の天候がどのように変わっていくか・・・知っていること。

そう考えると、まだまだ甘いなぁーと反省することしきり。

第一は「安全に生きて帰ってくること」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DEATH NOTE

今はまっている漫画「DEATH NOTE-デス・ノート-
ジャンプ・コミックス、原作:大場つぐみ、漫画:小畑健。
既刊9巻。最新の第9巻は12月に発売されたばかり。
漫画はあんまり読むこともないのだけれど、漫画好きの妹から時々借りて読む。
なかなかに面白い漫画を買ってくる妹に感謝(笑)

デス・ノートは・・・じっくり読まないとわけわからなくなる時があります。
その名の通り、死を呼ぶことができるノートに関わって、
人間たち、そして、死神との駆け引きの連続に目がはなせません。
駆け引きといえば「裏の裏をかく」
しかしこの漫画は裏の裏の裏の裏をかいて・・・となんとも巧妙な
作戦&心理戦。
寝る前にウトウトしながら読むと、次の日にはまた同じところから読まないと、
展開についていけませんよーー!

思いもかけないことが起こって、こりゃー、もう続きがないじゃないか!
と思ったら、さらに思いもかけない展開に・・・
いやー、ひきこまれます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/17

SNOW*18 平日の いいづなリゾート

1月10日(月) 天気 晴
雪:ピステンバーン

午後から出動。
リフト終了までの1時間の間に4本。のんびり滑りました。
夕方の空気が冷たい、リフトが少々心細い。

スミスのローズコパーのレンズは、薄暮時に若干見えずらいが、
ゲレンデはきれいに整地されているし、
平日とあって人も少ないので、まだ安心して飛ばせる。
まだ扱いきれていない板にじっくり乗ってやろうと思うのだが、
なかなかうまくいかず。姿勢が乱れているのがわかる。
ただ練習する・・・という真面目さがないので、ところどころで遊びを。
落ち系もテーブルトップ(ミニ)も安定した着地をしてくれて、
とてもたのもしい板ではある。長いからかな?

夕暮れに染まり始めた山々がきれいでした。
d060110

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SNOW*17 久々のホーム いいづなリゾート

1月9日(成人の日) 天気 晴
メンバー:J、namy
雪:ピステンバーン

北海道から帰ってきた翌日。
栂池にガールズ(?)ボーダー&スキーヤーが集まっていると聞いたけれど、
さすがに白馬まで出かける気力がなかったので、地元のゲレンデへ。
いいづなリゾートスキー場は長野市内から30~40分ほどでいける、
ファミリーゲレンデ。以前はここのシーズン券を買って滑ったものですが、
ここ数年はナイターでしか滑っていませんでした。
ピーカン青空のもと、のどかな笑い声がひびくゲレンデ・・・
ああ、こういうまったり感もいいなぁ~なんて思ったりして。

d060109-1

久々に行ったリゾートは、「雪番長」プロデュースのパークが完成してました。
2連のキッカーがドーンと出来ていて、そこに「飛び」待ちの列・・・
かつてリゾートでこんな風景を見たことがあっただろうか?
スノーボードのグラトリやパークのスクールもそこそこ格安で実施されているようであり、同じスノーボーダーとしてはちょっと嬉しい気もしました。滑っているボーダーのレベルも確実にUPしていて、おおおって感じでしたよ。
まあ、飛んだり回ったりするのは若いモンに任せておくとして、板の感触をじっくりと味わいながらのクルージング。
なかなか地形が面白くて、けっこう遊べます。

ランチはいつのまにか出来ていた、「サンクゼール」のレストランへ。
なんだなんだ?妙にオシャレなゲレンデに変身しつつあるのか?
マレーシア風カレーとピザをいただきました。
このカレー美味いです! アジアンなカレーが好きな方におすすめ。
店内に、カレーピューレが売っていたけれど、
一瓶2000円・・・ 買えません。

d060109-2d060109-3

リフト券を持って行くと、ゲレンデから車で10分の温泉が
100円引きで入れます。

なかなかにお得感のあった1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/16

びらとり温泉

*平取温泉 平取町老人福祉センター   (平取町/500円)

日勝峠から苫小牧東港へ向かう途中で発見した温泉。
行ってみると、町の福祉センター・・・
中には地元のお年よりがの~んびりとくつろいでいた。
その時は、町営のさっぱりとした感じのお風呂なのかなー?
なんてあんまり期待をしてなかったんだけれど、
入ってみてひと目で気に入りました。
昔ながらの銭湯という雰囲気もあり、湯船は岩と大きな石で
囲まれています。
湯船の底は、これまた昔懐かしい感じの青っぽいタイル。
ジャグジーは鉄パイプがもろにむきだし。
とてもなごみました。

d060107-2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SNOW*16 日勝峠 

1月7日(土) 天気 晴
メンバー: サブ、J、namy
雪:サンクラスト気味

d060107-1

北海道最終日は日勝峠へ。→レポ
地図を見ながら探検。
天気は快晴、地形が遠目からも見えるのはありがたい。
いい雪(斜面?)を求めてあちこち。
楽しかったです。
ただ、釧路から来たサブちゃんは不完全燃焼?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

南富亭

1月6日の夜の宿は、南富良野町の「南富亭」という
レストラン併設の旅館に宿泊。
ここは宿の雰囲気も料理もいい、という紹介をしてもらったので、
2日前に予約の電話を入れたのだけど、すぐに予約できてラッキー。

d060106-2部屋はこんな感じ。
ベッド&畳のワンルームって初めて!
個室にお風呂もついているし、暖房は暑いくらいだし、
キレイで落ち着く宿でした。


d060106-3夕食。
豪華です。
行動食ばかりだったので、お皿に盛った料理がありがたい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/15

探検 富良野岳

d060106

1月6日(金) 天気 晴れ

この日は富良野岳G尾根&TGRを滑る予定でした。
しかし・・・
富良野の町に移動した瞬間「雪がない・・・」
それは山も同じで、前から聞いていた情報どおりであった。
わたしは前日の羊蹄山の終盤で、なぜか左太ももだけ、
ひどい筋肉痛におそわれ、階段などを登るのに不都合を感じていたので、
偵察だけでもしに行こうと思っていたが、あっさりやめることに。
釧路から車を飛ばしてかけつけたサブちゃんも、雪のなさにしばし呆然?
けれど、Jとサブちゃん二人で偵察&探検がてら行くことに。
その間、わたしは麓の温泉につかり、休憩室で爆睡(ゴメン・・・)

話を聞くと、結局1600mまで登ったはいいが、やはりガリンゴリン。
下部も雪が少なく密林状態。
沢のボトムにおりても降雪がないため吹きたまった雪は10せんちほど。
厳しかったようです。

道央の山はこれからがシーズンなのかな・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SNOW*15 羊蹄山 喜茂別コース

1月5日(木) 天気 雪のち曇
メンバー:たか、カノマーさん、ヒデキさん、46さん、J、namy
雪:極上パウダー

d060105-1

道央方面へ移動予定だったこの日。
ニセコ方面はいい雪が降っているのに、どうして雪の少ないと言われている
道央へ移動しなきゃいけないんだ? 宿も取ってないし・・・
というわけで、移動は取りやめ、Jと二人で羊蹄山へアタック作戦に変更。
いろいろあって、たかさんと一緒に行けることになり、
ニセコNACの方とも初めてセッションするということで、わくわくだった。

羊蹄山は0合目から地道に歩き、なるべく標高を稼いでゆく。
リフトからアクセス出来る場所がわりと多い地元に比べ、
北海道は麓から自分の足でラッセル・・・という山がほとんどだと聞く。

羊蹄山を麓から登ることに抵抗はなかった。時間がかかるのは覚悟のうえだったし、
何と言っても、「行きたい山 滑りたい山」のNo.1候補のひとつだったのだから。

天気と雪にめぐまれた。

1300m地点に到達したときの感動は忘れない。

今までの数々の想い出が走馬灯のようにかけぬけていった。
いろんなことがあった。山あり谷あり。
でも、今こうしてここへ辿り着くことができた。

ありがとう。

レポ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪おろし

d060115-1d060115-2
金曜日の夜から雨模様。
気温もねっとりと温かい土日。
雪はずぶずぶになってしまった。ほぼ春の終わりの様相である・・・
かなりガッカリ。これがリセットされるのにどれくらいかかるだろうか。
急激な気候の変化によって、雪の状態はかなり危険。
なんだか気分も落ちますなあ・・・

家の屋根の雪もだいぶしまり、高い気温によってどんどんととけてはいるが、
これから先も雪は降るだろうから、雪をおろしてしまうことにした。
自分の力だけではどうしようもないので、
いつもお世話になっている門馬さんに、またまたお願いした。
屋根にあがり、雪崩止めから先をまず落とす。
それから、少し雪を残しつつ、どんどんと雪を崩し落としてゆく。
屋根はつるつるなので、雪をキレイに落としてしまうと、危険なのだ。
雪山仲間もみんなスコップ片手に屋根にのぼり、
危険もかえりみず手伝ってくれた。ほんとうにありがたい。
下に落とした雪もキレイに除雪してもらい、すっきり。

これで安心して眠れます。どうもありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/14

札幌で

ybou01五色温泉に3泊した後は、ヒラフスキー場のすぐ下にあるペンション「Mt.JAM」に素泊まりし、その次の日から2泊は札幌のT氏宅にお世話になりました。
旅に出るに当たって、宿も取らず、その場で探せばいいや~なんてのん気にやっていたわけですが、T氏には感謝感謝です。
札幌市内の家は、快適そのもの!友達や仲間がいつも集っているような、暖かくて居心地のいい家。そういう家って理想だなあ。

ybou02ybou03

1泊目は、ラムしゃぶ。
珍しい梅酒を片手にしゃぶしゃぶと食もすすみます。
T氏お手製のサラダもうまい!
2泊目は、これまたT氏お手製の餃子、
それから本場大阪人が作るたこ焼き。
みんなでワイワイ囲む食卓は本当に楽しかったです。

ybou04

お腹がふくれたら大スクリーンでスノーDVDの鑑賞。
そして、寝袋にくるまっておやすみなさい。

幸せだなあ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SNOW*14 シークレット

1月4日(水) 天気 晴
メンバー:たか、さな、Mizuho、みきおさん、J、namy
雪:圧雪&残りものパウダー?

d060104
rider: Mizuho

天気をみて、本日は某所へ出向きました。→レポ
自分だけで計画していたら、絶対に行けなかったところだなぁ。
ちょっとした裏山はシークレット&バンブーwave
雪がまだ少ない感じだったけれど、地形と残り物の雪を楽しんで、
最後にはゲレンデも飛ばしました。
たかさんの華麗なショートターンも見れて良かった~

そして北海道の方々は、さすがにみんな上手です。
レベル高し!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/13

ピアスと金属アレルギー

ちょっとしたアレルギー体質で、アトピーもあれば
金属アレルギー、そして猫アレルギーも多少あったりするんですが、
数年前、ピアスの穴を耳にあけました。
以前楽器を演奏していた時代、その楽器によって唇がアレルギーで
痒くなり腫れてしまったことがあります。
なのでピアスをあけるのも何年間も悩み続けていました。
病院で、しかも18金ではなく24金のファーストピアス、
季節は秋、そして3~4ヶ月ファーストピアスつけっぱなし、
消毒は欠かさない・・・そんな努力?の甲斐あってか、
荒れることもかぶれることもなく、ピアス・ホールは冬には安定したのでした。
以降、安物でもチタンピアスならば、ほとんどかぶれることもなく・・・
そこそこピアス生活を楽しんでおりました。

先日の北海道の旅行でも安いチタンメッキ?か何かの
合金のピアスをしていきました。それはもちろんつけっぱなし。
いつものことです。温泉も厳寒の雪山もつけっぱなし。
そういう状況はピアスをあけてから何度もあったのですが・・・
今回は帰ってきてから、最悪でした。
合金のピアスが変化をしてしまったのか、ピアスホールをかぶれさせ、
傷つけてしまったようで、帰ってくるころには血がにじみ始め、
消毒をしても治りません。
ひどくなる一方だったので、ピアスははずしました。
もともと穴がふさがるのがすごく早い方なので、週明けにはしっかり
ふさがってしまうでしょう(悲)
ファーストピアスに戻そうかとも思ったけれど、
太いピアスは余計穴を傷つけるだけだし、悩んだ末、あきらめました、とほほ。
耳の傷がキレイに治るのにどれくらいかかることか・・・

金属アレルギーがある、ということが分かっているのだから、
もう少し気をつかって、奮発してでもいいピアスをしているべきでした。
反省。

完全に治ったら、また折をみてあけたいと思っています。
その時は、ホワイトゴールドかプラチナ!?(金はあまり好きでないので)
ああ、いくら貯金しておいたらいいんだろ(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝里川温泉

*朝里川温泉 ゆらぎの湯     (小樽市/500円)

夏に入りたかったけれど時間がなくて入れなかった温泉。
温泉街には日帰り施設がいくつかあるようだが、
この「ゆらぎの湯」のお風呂が一番雰囲気がいい、と聞いて。
BARが併設されていて、夜中の3時までやっている。
外観からは全然分からなかったが、たくさんのメニューとお酒が
ありました。
お風呂はこじんまりとしていながらも、外風呂・・・というのかな?
露天とまではいかないんだけれど、外にある岩のお風呂がよかった。
ぬるめでゆ~っくりとつかってしまいました。

d060103-2d060103-3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SNOW*13 1107峰

1月3日(火) 天気 雪
メンバー:たか、さな、みきおさん、J 、namy
雪:パウダー

d060103-1

たかさん、さなちゃんとは8月の狩場山(笑)以来のセッション。
純粋な雪山では初めてなんだけれど、なんだか、初めて・・・という
気がしない。不思議。

たかさんが状況をいろいろと判断して、1107峰へ行くことに。
名前は聞いていたが、一体どこの山のことを言うのか
興味津々だった場所です。
地図を見てみると、実に魅力的な場所ではあります。
背後にある山も、いつかは行ってみたいところ。

北海道の山々の積雪も、本番はこれから、ということで、
ある程度の標高を越えると、樹林になってしまったり、
地形が埋まりきっていなかったりなのですが、
それはそれで楽しかったのでした。 →レポ
雪は若干重め?らしいけれど、この時期にしては上出来!
内地人の見解ですけどね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラーゲン鍋?

d060113-2d060113-3

木曜日は今年初の陶芸教室。
新年会と称して、またもや鍋をやりました。
題して「コラーゲン鍋」 ただ単に手羽元をだしに使っただけなんですけどね。
軟骨部分もしっかり食べて、コラーゲン摂取!
特に相談をしてなかったので、今回の具は様々・・・
水餃子、シャウエッセン、豚肉、鶏団子、手羽元、白菜、きのこ、人参、チンゲン菜。
食べるだけ食べて、明日以降の雪にみんなで立ち向かおう!
なんて話もしたりして。
これだけ具が入ると、だしがいい具合に出て、
最後のうどんが絶品でした。
もちろん、煮汁も余さず飲みましたー コラーゲンコラーゲン。
土鍋はみかさん作、器ももちろん教室の生徒さんの作品です。


で、製作活動はというと・・・ してません(笑)

d060113-1
↑12月に作った箸おきが焼きあがっていました。
土は特漉、釉薬はレモン黄です。なかなかにかわいい色で気に入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/12

ヌプリ

d060102-2d060102-3

イワオヌプリから下山後は温泉でまったりし、
ランチにJJお勧めのカレー屋さんへ食べに行くことに。
ニセコ駅構内にある「茶房 ヌプリ」はレトロな雰囲気で、テーブルがすべて足踏みミシン!!
壁には懐かしい古時計がたくさん。
カレーは「長芋とベーコンのカレー」を食べました。
すごい新鮮な味だったなぁー。ルーも自家製で柔らかい甘み。
長いもにもよく合いました。
違うカレーも食べたくなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SNOW*12 まっしろだった イワオヌプリ

1月2日(月) 天気 曇(ガス)
メンバー:Y棒、yasuyo、Dすけ、JJ
    へろ丸、しーのー、ひこまさ、J、namy
雪:パウダー

d060102-1
Skier: JJ、Dすけ

今日でへろ丸&しーのー&ひこまさくんは、本州へ帰る。
フェリーに乗る時間の制限があったので、半日で行けるイワオヌプリへ。
宿を出た瞬間、ガスの濃さに「うーーん・・・」だったんだけれど、
行ってみての判断として出発。
降雪によって前日のトレースが半分以上埋まっていた。
またもラッセルで1時間ほど。

夢遊病みたいになりながらも、楽しいライドとなりました。
やっぱり北海道の雪は軽い~ →レポ

かっこよくパウダーを滑れるようになりたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/11

SNOW*11 初日の出ライド+イワオヌプリ

1月1日(日) 天気 曇
メンバー:Y棒、yasuyo、Dすけ、JJ
     ヘロ丸、しーのー、ひこまさ、J、namy
雪:パウダー

d060101-1

元日は早起きをして暗いうちからアタック。
北海道メンバーの提案でした。
そんな山行は考えてもいなかったので、長野メンバー、
けっこうわくわくしていたと思います。
天気はイマイチでピカーっとした初日の出は拝めませんでしたが、
稜線から見る夜景、幻想的な朝日に浮かぶ白い山々、
避難小屋で過ごす時間・・・どれを取っても印象深い思い出となりました。
もちろん、雪もこの上なく良し。
ハイクアップはハードな一面もあったのだけれど、
その後に滑った斜面は最高のご褒美。→レポ

d0601010-3

2本目は、お隣のイワオヌプリへ。
まっさらのまっしろなバーンが私たちを誘います。
しかし、ガスが濃すぎて標高は稼げず・・・
夢遊病覚悟で飛び込んだ斜面は、やっぱり、ふかふかでした♪
レポ

二本も満喫したのに、まだ13:00前でした。
まったりお風呂に入り、3:00くらいから昼寝~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木々亭

d06010101d06010102
PhotoBy.JJ

元日の夜はどこか美味しいお店で食べるしない?(方言)ってことで、
調べてはいたんだけれど、なかなか適当な店が見つからず。
倶知安の焼肉屋さんは元旦は休みだったし・・・

JJのお知り合い黒松内Mさんお勧め「木々亭」は、
元旦でもやっていて焼肉食べ放題、ということで、即決、みんな出かけていきました。

わたし・・・は風邪ひいて、寝てました(泣)
ヤキニクは食べたい、ラム焼きたい・・・しかし明日のことを考えると、
ここできっちり治さないと今後の旅に影響が。
ってことで、みんなを見送ったのでした。

肉はもちろん、野菜、魚介類もあって、
デザートのアイスまでがっつり食べてきたようです。
うらやまし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/10

藪富

d061231-2d061231-3

羊蹄山から下山後、お昼ご飯は倶知安の町の中にあるお蕎麦屋さん「藪富」へ。
そういえば、大晦日でした。年越し蕎麦食べなくっちゃね。
こちらの蕎麦は、手打ちの平麺!
長野ではこういう蕎麦はなかなか見られないので新鮮でした。
温かい蕎麦に平麺はなんとなく合うような気がします。
私は力蕎麦という餅入りを注文。
これが美味~~ だしも美味しかったな。
この日のお勧めの品は、イカ天そばでした。
おっきなイカ天がおいしそ~~
とてもやわらかく揚がったイカだったそうです♪

いい年越しだなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SNOW*10 羊蹄山 真狩コース

12月31日(土) 天気 雪
メンバー:Y棒、yasuyo、Dすけ、JJ、ヘロ丸、しーのー、
      ひこまさ、J、namy
雪:パウダー

d061231


当初は別のコースを狙う予定が、除雪がされておらず、真狩コースに変更。
ローソンでJJとDすけさんと再会!久しぶりです。

羊蹄山はいつか登って滑ってみたいと思っていた山。
長野メンバーもやはり羊蹄山はチャンスがあれば登りたいと思っていたので、
北海道メンバーと相談、コースの様子などについてはすっかりおまかせで、
プランニングをしてもらった。
やはり毎年滑り倒している方たちと一緒に行けるというのは心強い。
おかげで、楽しく良い雪を滑ることが出来ました! →レポ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/09

五色温泉3連泊

d051230-3

旅の前半は12/30~1/2まで五色温泉に投宿してました。
夏に入って以来、想い出深かった五色温泉に、今度は泊まることに
なろうとは・・・!
自炊棟で夜な夜な宴会。
北海道地元のY棒さん、yasuyoちゃん、JJ、Dすけさん、たかさん&客人を迎え、
豪華食材と美酒に囲まれて、飲んで食べて喋って。
楽しい時間でした。
暖房は充分すぎるくらい暖かく、温泉は良質で
新しいお風呂の露天もなかなか雰囲気がいい。
山の余韻とほどよい疲れに、まったりと出来た宿。
けっこうこういう宿好きです。

gsk3ren-1gsk3ren-2
gsk3ren-3gsk3ren-4

部屋でラム焼いちゃいけません / 巨大豆乳鍋
大晦日は手巻き寿司 豪華食材 / ドンペリも登場!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SNOW*09  北海道第1日目 ニセコグランヒラフ

Rider:しーのー                Rider:ひこまさ
d051230-1 d051230-2

12月30日(金) 天気 雪
メンバー:へろ丸、しーのー、ひこまさ、J、namy
雪:残り物パウダー

新潟→小樽とフェリーに乗り、早朝まだ日が昇らないうちに北海道上陸。
その足でニセコを目指す。
朝一番のゴンドラに乗る。
ゲレンデは半日滑ればクタクタなわたしたち。
珍しく昼食付1日券を購入。

小雪がちらついていたが、昨日のトラックが埋まりきっていない感じ。
1本目は充分すぎる新雪があったものの、軽すぎるので底付きがする。
恐るべし北海道のドライパウダー! 昨日のコブにやられまくりでした。

サクっと花園エリアに移動すると、オージーに買い取られて
オフピステンもオージーの団体さんだらけ。びっくり。
あっという間にお目当ての林間は食いつくされてゆく・・・
それでも軽い雪にうひゃひゃ~でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/01/08

ただいま

12月29日~1月7日まで、北海道へ滑りに行ってました。
先ほど帰宅したのですが、北海道滞在中に現地からの報告どおり・・・
新潟・長野は大雪だったようで、妙高辺りの雪壁はかつて見たことないくらいに
成長していてびっくりです。こりゃ、えらいことになってる・・・
自宅前は、家族と友人が除雪をしていてくれたため、
すんなりと車を入れることができました。
遊びまわっていたわたしのために、本当にありがとう!

北海道へは何回か滑りに行ったんですが、
「いつかは北海道の山を滑りたい」という夢がありました。
今回、それが実現し、とても満足しています。
実現するにあたって、一緒に旅をしたいつもの山仲間、
見送ってくれた仲間、メールをくれた友達、待っていてくれた家族、
そして何より、現地で最高の想い出をくれたみんな。
ほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです。

よい旅を、ありがとう!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/07

ありがとう、北海道

旅の余韻にひたりながら、ししゃも焼いています。これ本物のししゃも!
今夜、フェリーで帰ります。長野は大雪、海も大荒れか!?

また来ます、北海道。
ありがとう!060107175025.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探検に

日勝峠です。雪が思ったよりも少なくてびっくり、この辺りはこれから積雪量が増えるのかな?
天気が良く、スノーシューハイキング。青い空がまぶしい、陽に焼けたかも。060107172638.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/06

休憩日

富良野岳の麓まで来た。予想以上に雪が少なく樹林が濃い(>_<)
釧路のサブちゃんとJは偵察に出かけたが、わたしはまったり休憩モード。
やはり、修行に近かったようで。
これから先が富良野の本番かな?060106171257.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/05

THE DAY

雪がしんしんと降っていた。
一本目で最高の軽さ、スイッチが入り、登りかえし。
目の前が開けた時、そこは無風の晴天、向こうに羊蹄山頂方面の大斜面。
感動でした。

お世話になった全ての人に感謝します。060105162718.jpg

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/01/04

たこ焼き

本番大阪の腕前を披露してもらいました。
たこ焼き器を買わねばと思った夜。060104232853.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ピステンセッション

穏やかに晴れ、低気圧はどこへ?
本日はシークレット。
雪が少ないながらも、地形の楽しい軽いパウダーをプチ遊び。
珍しくピステンバーンも飛ばし、まったりな一日。060104154635.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セイコマ

道民の味方!?セイコーマート。
ローソンやセブンがなくても、セイコマはあります。
オリジナルのペットボトル飲料が安くておすすめ。060104125142.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/03

温泉

温泉でまったり。
夜中の三時までやってるらしい。
こじんまりしてるけど、いい雰囲気。
うどん食べました。060103145503.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1107

本日は天候が悪いため、目的地変更。1107峰。雪がサンサンと降り頻る中時には腰ラッセルのハイク。
滑る時だけ視界が晴れた!あてこみ地形でご機嫌、でも今年初コケ。
同じ板の女の子と滑れてハッピー♪060103125719.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/02

カレー

ニセコ駅構内にある「ヌプリ」というお店でお昼ご飯。
長芋とベーコンのカレー。ルーもこくがあり長芋は甘くて美味。こちらは素材の一つ一つが美味しいなぁ。060102155447.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イワオヌプリ

今日もイワオヌプリ。朝からガス&雪にて、行けるところまで。
高度を上げるにつれて風が強まり視界も晴れないので、そこからドロップ!
夢遊病的滑り!だけど気持よく落としました。昼前に下山し温泉へ直行。060102124812.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/01

二本目は

アンヌプリから下山後、その足でイワオヌプリへ。
急登腰ラッセル(私は力にはなれなかったけど)に苦労した甲斐あり、軽いパウダーを堪能。
ほどよいオープンバーンにメロウなツリー!
楽しかったぁ060101153042.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初日の出ライド

あけましておめでとうございます。
今朝は五時過ぎからアンヌプリを目指してハイク。稜線から見た夜景が綺麗!
北壁を滑りましたが、オープンからツリーまで気持ち良く!

初日の出はガスで見れなかったけれど。060101151911.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »