« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008/06/27

公園のベンチ

D0806221

日曜日のお昼・・・友達に紹介された洋食レストラン「公園のベンチ」へ行ってみました。検索した住所へ行ってみると、「移転しました」の案内表示。2007年秋に移転したそうです。

場所は長野ICや松代ロイヤルホテルの近く。わりと分かりやすい場所だと思います。

最初にいいなぁと思ったのは、店内の雰囲気、壁、窓などの造りが自然なことと、箸が割り箸でなく普通の塗り箸で手作りっぽい箸袋に入っていたこと。味があります。
料理の方はというと、ハンバーグがお勧めってことでハンバーググラタンを頼んでみたんですが、このホワイトソースが絶品だった~~!! トマトソースのパスタ(ドリア風)もクリーム系でしたが、さっぱりしていて、それでいたまろやかなソースで思わず無言でがっついてしまいました。
洋食全般いろいろありますが、どれもおいしそうでした。
100%のジュースやオーナー奥様の手作りチーズケーキなんかもあり、ちょこちょこっと家庭的なほっとする雰囲気もある店です。

D0806223D0806222

「公園のベンチ」
長野市松代町東寺尾2988(国道403号線沿い)
TEL:026-278-7411
営業時間:11:30~15:00 
       18:00~22:00
定休日:月曜日

| | コメント (2)

2008/06/25

玄米おはぎ

D080618

体にいい?スイーツ
★玄米おはぎ
<材料> 
玄米(炊いたもの) 400g 
米粉(上新粉) 大さじ4+水大さじ2
きび砂糖 大さじ2
あんこ

<作り方>
・あんこ以外の材料を、玄米をつぶしながら混ぜる
・丸めて10分ほど蒸す
・冷ましてあんをつける

*玄米の香りと、ぷちぷちとした歯ごたえが美味♪

| | コメント (2)

2008/06/23

鳳凰の復習 人に合わせること

D0806171D0806172


D0806173久しぶりに生徒3人揃って、「鳳凰」の復習をしました。んーやっぱり、すっかり忘れてる・・・×
帯の結び方は、柄や着物に合わせて変えるのはもちろん、着る人の体格に合わせることも大事です。背の低い人に合う結び方、高い人に合う結び方、若い人向け、歳を重ねると似合う結び方、いろいろあります。同じ「鳳凰」でもアレンジを変えれば、その人に似合うものになるのですから・・・、帯結びも奥が深いです。
「鳳凰」立て矢系の結びと言われて、どちらかと言うと背の高い人に似合うようですが、結び方を工夫すれば小柄な人にでもバッチリ似合います。

緑の帯は私が結びましたが、小柄なYukariさんにはちょっと大きすぎです。羽の取りかたを工夫して小さくまとめられたらOKみたい。
金&紺の帯はとても長く、羽をたくさんとることができます。帯の裏を部分的にわざと見せて! これくらいの大きさもゴージャスさもちょうどいい感じ~♪振袖によく似合っています。
エンジの亀甲柄はモデルが私。体格がいい私にはこれくらいボリュームのある鳳凰でもいいそうです。羽を3枚にして本来の結びに・・・

| | コメント (0)

2008/06/21

龍雲寺

Ryun3

6月13日(金)

龍雲寺へお散歩。
お寺を見て歩いたり、過ごしたりするのは好きです。静かで・・・伝統的な建築物は目にも優しく、ひとつひとつが考えられた造りなので、とても興味深いです。古い建物には歴史がつきものですしね。

Ryun1Ryun2

龍雲寺は武田信玄の遺骨が発見され安置されているお寺です。本当? そういうお寺は各地にありそうなんですが、分骨・・・したとも考えられますよね。
また、武田三代(信虎、信玄、勝頼)が帰依した高僧の墓碑があります。

あまりにも静かで、街の片隅にひっそりとあり・・・果たしでどれくらいの人が知っている場所なんだろう?と思いました。
意外なところに意外に縁の深いものがあるものです。


ついでに近くにちかくにあった、圓満寺と裏手の神社もパチリ。

Ryun4Ryun5

| | コメント (0)

2008/06/18

ヘルシー! おから蒸しケーキ

Okaragoma

*ごまきなこ味*

Okarakokutou

*黒砂糖レーズン*


体にもよくて美味しいスイーツが食べたい~!ってことで、おからのケーキを作ってみました。
作り方はとても簡単♪ 油やバターを使っていないので、ヘルシー、食べながら罪悪感(笑)を感じません。

Gj
オマケ
*ジャスミンティプリン*
プリンとは名ばかりの、牛乳かん・ジャスミンティ風味 です。さっぱりしていて夏らしいおやつになりました♪

| | コメント (0)

2008/06/13

龍岡城五稜郭へ

6月10日(火)

Tatsugoryo1

長野県佐久市臼田町にある「龍岡城五稜郭」へ散歩に行ってきました。五稜郭というと函館が有名ですが、国内では函館と臼田町の二箇所しか「五稜郭」という洋風建築の城はありません。函館の五稜郭へは3年前の夏に訪れたのですが、その時に二箇所しかないということを知り、いつかはもう一箇所行こうと思っていたのです。

Tatsugoryo3Tatsugoryo4

Tatsugoryo2龍岡城五稜郭は城址であり、当時の建物は大台所を残すのみとなっており、敷地内は小学校になっていました。西側の門から入るとそこは校庭、校庭の東側に大台所の白壁の建物、西北のエリアが小学校の建物になっていました。五稜郭の特徴的なお堀も残っており、その土手の上をぶらぶらと散歩・・・子供たちが元気いっぱいに遊んでました。学校が文化財の敷地内にあるなんて、いい環境だなあと思いました。

Tatsugoryo5

子供たちが飼っている鶏の飼育小屋も五角形になってました!

| | コメント (2)

2008/06/12

今日のねこ 6/12

D080602neko

入梅直前のワンシーン。

使おうと思って虫干ししておいた座椅子に・・・


Sのお気に入りの場所だったもんねぇ~

| | コメント (0)

2008/06/11

パティスもどき春巻

D0805291D0805292

先日行ったスリランカカレーの店「スジャータ」の[パティス]が美味しかったのでなんとか真似して作れないものかと・・・春巻きの具としてアレンジ(?)してみました。
店で食べた時は、サバとカレースパイスの味がしたのでウチにあるスパイスでできるかな?と。サバはなかったのでアジの干物の食べ残しと余っていた餃子の皮でいざチャレンジ!

おお! うまい! [パティス]の味がこれに近かったかどうかは定かではないですが、おかずの一品・・・変わり餃子、変わり春巻としてはなかなかの出来栄えでした。

<材料>
サバ(アジやイワシでもOK)、玉ねぎ、にんにく、しょうが
カレー粉、ガラムマサラ、コリアンダー、ターメリック、クミン
ナツメグ、クローブ、ブラックペッパー、塩コショウ、ごま油

<作り方>
①サバは焼いて細かくしておく。玉ねぎ・にんにく・しょうがはみじん切り
②玉ねぎ・にんにく・しょうがをごま油で炒め、サバも加える
③上記のスパイスを適当量入れて、弱火で炒める
④ ③を冷まして、春巻きや餃子の皮に入れて揚げる

*味見をしてお好みのスパイスを増減してみてください。
*お弁当のおかずにも♪
*写真では奥の黄色っぽい具の方です。

| | コメント (0)

2008/06/10

ふくら雀 アレンジ

6月3日(火)

先週にひき続き帯結びの練習。振袖の着付けからです。
ふくら雀の復習を二人でしました。
やばい・・・一回教わっただけで、復習もしてないから、すでに忘れかけ(汗) 相変わらず手順を写真や動画にもおさめるのを忘れているし・・・呑気すぎるかな・・・。

Kさんの袋帯が長めだったので、ふくら雀のアレンジを教わりました。
お太鼓の「たれ」の部分を扇形にかたちづくっていきます・・・
おおーっ♪ すごい! 綺麗! かわいい! これならば結婚式など華やかな席に締めても映えますねー。自分が着た時には結べないのが非常に残念ですが、「たれ」部分のアレンジだけだったら、なんとかできそうなのでいつかやってみたいと思います。

D080603

| | コメント (0)

2008/06/09

じねんや

D0805311

有機野菜、有機食品、自然食品、ロハス、オーガニック、マクロビオティック・・・なんていう言葉があふれている昨今ですが、なかなか難しい世の中ではあります。できれば旬に合わせて自然なものを食べて健康に生きたいですね。ここ「じねんや」は軽井沢の自然食品店です。有機野菜・食品や自然化粧品、エコロジー雑貨を扱っています。レストランは有機野菜・玄米・雑穀をつかったオーガニックマクロビオティックメニュー。

マクロビオティックなんて言って、それをつきつめるととてもじゃないけれども、限界がきてしまう。良いものとは分かっていても・・・でも意識して体にいいものを取り入れようとするだけでも、「自分的マクロビオティック」なんて思いつつ、食品選びも楽しんでいます。
(マクロビオティックとはもとは長寿法のことで、現在は元気に長生きするための食事法のことを言うことが多いようです。「玄米菜食」「穀物菜食」「自然食」など)

「じねんや」は軽井沢に勤めていた時に毎日看板を眺めては気になっていたお店。ちょっと値段は高いけれどおいしいし、いいよ~という口コミもあり、ようやく行ってみました。こじんまりとした店内に、ショップも併設。入り口には有機野菜、自然化粧品、奥のショップには有機食品がところせましと並んでいます。
料理は玄米かご弁当1600円(!)を頼んでみました。動物性たんぱく質と砂糖を一切使用していないそうです。なのに!この美味しさはなに~!?やっぱり素材がいいのと、調理法も工夫されてるのね・・・。うーん、すごい。ほんとに体に良さそうです。

D0805312じねんや
軽井沢バイパス店
℡0267-46-2476
fax0267-46-5758
ショップ 10:00~18:00です。
レストラン Lunch11:30~14:30
Dinner17:30~

| | コメント (2)

2008/06/08

雪山友達と

スノーボード友達もどんどんママになっています。知り合った時はやんちゃな若者(笑)だったのに・・・すっかり母の姿になって、子供たちもどんどん成長して、時の流れの速さを感じます。

6/1には県外に引越したYukiちゃんの自宅へおかりんと一緒にお邪魔しました。BCガールズな二人ですが、Babyが産まれるまで、産まれてからのスタイルは全然違う!当たり前なんだけれど、話を聞いていると妊娠・出産って女性にとって本当に大きな仕事(役割)なんだな、と思いました。これまた山男なダンナ様しろねこさんも、すっかりメロメロのパパになっていて、もう嫁には行かせないなんて言っているようで・・・どこのお宅も同じです(笑) 寝返りをもう少しでできそうなおかりんの愛息子Rくんもカメラ目線ばっちりで、手足をよく動かし何かお喋りをしてとっても元気。やっぱり男の子、ずっしりと重たかったですよ~。
これからどんな子に成長していくんだろう?楽しみです。

6/2には第二の故郷を同じとするひろみさんと1年半ぶりの再会。自分の結婚式に出席していただいて以来。結婚式のときはお腹の中にいた次女のいのちゃんはもう1歳!そしてお姉ちゃんのKちゃんはもうじき3歳!ああ、ほんとになんて時が過ぎるのが早く、子供の成長の早いことか。女の子もとってもかわいくて、動きから目が離せないし、おしゃまなお喋りがいとおしいです。のびのびとした地で、元気に素直に育っている様子になんだか私も感無量になりました。

両日とも久しぶりにたくさん話をして、それでも話が全然尽きなくて、時間がまったく足りない。
ママは強し!
またファミリーで雪と戯れる日を楽しみにしてますよー!

D0806011

Okarin&Rくん


D0806012
Yuki&Shironeko&Mちゃん


D080602
Hiromi&Kちゃん&Iちゃん

| | コメント (0)

2008/06/05

ギャラリー 育

D0805261

5月26日

通っていた陶芸教室に、ギャラリーがオープンしました。
事務所の二階を改装して、6月8日まで講師作品展がおこなわれています。
初日に行ってまいりました! 師匠とも久しぶりの再会♪3年くらいしか通えなかったんですが、私の行っていたクラスは、若手女性中心で和気あいあいと楽しいクラスでとても充実してました。
ギャラリーは、昔は蚕部屋か何かに使われていたと思われる、梁がむきだしで天井もひくい部屋を、生徒さん含めリフォームされた、和空間。土壁に畳、板の間、黒々とした梁・・・すごく雰囲気がいい感じでした。好きですね、こういうの。
講師の先生方の作品がズラリと並べられ、即売もしているそうです。
師匠の非売品(ご本人は売るにはちょっとつたない作品なので、とおっしゃってました)コーナーがよかったなぁ。師匠の持ち味は、繊細な絵付けと女性らしい優しげなフォルム・・・だと私は思うんですが、他にも多彩な味を持っておられます。本当に陶芸は奥が深くて・・・ギャラリーの作品を見ながら、またいつか再開したいなぁ~と思ったのでした。

D0805262

[長野陶材 講師作品展]
6月8日(日)まで 10:00~17:00
長野市赤沼1736-ロ ギャラリー育
Tel 026-296-5186

| | コメント (0)

2008/06/04

スジャータ

D0805171D0805172

佐久市野沢にある、スリランカカレーの専門店「スジャータ」
女性オーナーはスリランカ出身、来日して20数年だそうです。スリランカと日本との懸け橋となり様々な活動をする4人のお子さんを持つ母でもあります。
メインのカレーは、チキンやマトン、魚や豆など・・・種類が豊富! 
ライス、ナン、ロティ(ココナツ粉入り)とのセットで850円~1000円くらい。
私は定番のチキンとロティのセットを、Jがマトンと豆のセットをオーダー。三種類食べ比べました。
スパイスの調合を材料によって変えているのと、よく煮込まれていて、すごく美味しかった♪ 辛さも日本人にとってはちょっと辛いかもしれませんが、後に残りません。見た目以上にボリュームがあったけれど、完食しました。
カレー以外に「パティス」というサバ&野菜が具の揚げギョウザも食べましたが、こちらもヒット!! 自宅で作れないかなぁ?なんておもってるところです。
食後のお茶ももちろんスリランカのもの。
オーナーさんが「辛さは大丈夫ですか?」と聞きに来てくれたり、地元の常連さんぽい人がカウンターで新聞読みながら食べていたり、とてもアットホームなお店でした。
カレーが食べたくなったらまた行こう♪

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »