« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/29

卵はじめ

D090729離乳食もいよいよ完了期に近付き、息子に卵をあげてみることに。
卵(特に卵白)はアレルギーが出やすいということで、息子には、消化器系や体が十分成長してからあげようと決めていまして…

最初は少しずつ、ということで、ホットケーキで卵デビューしました。

やっぱり卵を入れると、ふんわり美味しくなるなぁ!
息子も喜んで食べていました。
心配したアレルギーもないようです。

*****

ママさん達へ、参考になりましたら。
★手作りホットケーキレシピ★
(後期一食分)

地粉(長野産) 大さじ3
きび砂糖 小さじ1
ベーキングパウダー 小さじ1/2
とき卵 大さじ1
きなこ 小さじ1
豆乳 大さじ2

| | コメント (0)

2009/07/28

リメイク*ほっとぱんつを

実家のタンスに眠っていた謎のホットパンツ。原色緑色…
一体誰がはいていたのか!?

D0907281

それを分解しまして…
息子の短パンに。

D0907282

ちょうどいい感じに仕上がりました。

***** 後日

息子の動きが激しいのか、サイズが小さかったのか?
早速お尻の縫い目が切れました。
自分で作っているので、補修も苦になりません。
どういう構造になっていて、どういう過程でズボンができていくのか・・・知れてよかった、かな?

| | コメント (0)

2009/07/24

まちとしょテラソ

行ってみました。
「まちとしょテラソ」=小布施町立図書館へ。
先週オープンしたようです。

建築デザイナーの作品という感じの建物&館内。
柱が木に見立ててデザインしてあるところを見て、ちょっとほっこりしました。
書架は少なく、ちょっと高いかなぁ…というのが気になったけれど、電子図書化してるのか…他の図書館と書籍の交流をする予定なのか…
気になる点はいくつかありました。

閲覧スペースがたくさん、書架の間にもソファーがあるのはありがたいですよね。
靴を脱いで見る絵本ブースは発展途上の雰囲気。
多目的ルームではちょっと講演会やお話の会なんかもできそうでした。

図書館がもっともっと良くなって欲しいなぁと思います。

| | コメント (0)

2009/07/23

甚平

夜な夜な作業で、作ってみました。子供甚平。

D090723練習作のつもりでしたが、結局、この夏はこれしか作りませんでした。

生地はなんと! 高校の家庭科の授業で使った布です。
たくさん余っていまして。
甚平らしからぬ柄なので本番(あるのか!?笑)は、キュートな和柄で作りたいです。

やはりサイズが大きいので、浴衣風に着せたいと思います。

| | コメント (0)

2009/07/20

リメイク始

思い立って、実母の古いTシャツを…
D0907201

リメイクしてみました。
D0907212D0907203

息子のズボン。パジャマになってます。サイズはちょっと大きめになってしまいましたが…長くはけるってことで。

ミシンが新しいので裁縫が楽しい!

| | コメント (0)

2009/07/18

ミシン始

実家にある…↓
D0907181

…なんてレトロなんだ!

とりあえず新しいのは三万はするらしいし、多機能はいらないので、始動させてみました。

!?

…大丈夫かっ!?…


******* その後


始動して三日目かな…?早速、操作不良になりまして…

なので。
ついに。

コンピューターミシン購入!

D0907182

いやはや。
ミシンを触るのは、中学生か高校生の時の家庭科以来という初心者に優しいミシン。
音も静かで使いやすいです。

| | コメント (0)

2009/07/15

歌舞伎

某ホ○トホールへ、松竹歌舞伎を見に行って来ました。

演目は二つ、どちらも初めて見るモノだったのでわくわく…お囃子の音もたまりません。

一つ目は親子物だったんですが、クライマックスに近付くにつれ、ウルウルしてしまいました。
中村歌六&中村吉右衛門の、迫真の演技にすいこまれます。(親子物に弱くなった)

二つ目は、市川染五郎の舞踊です。観客を飽きさせない舞の連続!
一つ一つの舞や所作が絵になっている…それが歌舞伎の魅力の一つ。着物(衣装)やお囃子からも目が離せません。日本の伝統芸能の深さを感じます。

三時間どっぷりと歌舞伎にひたり、また明日から元気に過ごせそうです!


今回も着物で。
梅雨明けの一番暑くなった日に…単の着物でも、汗じんわりでした。

歌舞伎にハマったのは19歳の頃。
当時からいつかは着物で見に行きたいと夢見ていたのですが…
今回が、初めての「着物で歌舞伎鑑賞」でした!

D090715

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »