« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/31

権現の湯

天気が悪くて山はもちろん、外で遊ぶこともできないので・・・温泉へまったりしに行ってきました。
息子もようやく大浴場を怖がらなくなり、自分から湯船に入ることができるようになったしね。
「権現の湯」は立科町の権現山公園内にあり、初めてかと思ったら3年前にも行ってました。子供が遊べるところがあるから、気候が良ければ1日ゆっくり過ごすのもいいかなぁという場所です。

温泉に入る前に腹ごしらえ。

D1010311D1010312

権現玉手箱!

岡持ちの中に重箱が三段♪ これで1000円はかなりお得。おかずが、少しずつだけれどたくさんあるのが嬉しいよね。
ここの食堂には地元野菜をふんだんに使った「サラダバー」(200円)もあって、美味しい野菜をたっぷり楽しむことも出来ます。
また行きたくなってしまう~。

温泉は入りやすい無臭無色。露天風呂もあるけれど、ちょっと小さめで景色はあまり見えませんでした。息子は露天風呂が面白いようで(岩だから?)出たり入ったりしてました。熱めだったけれど平気そう。

施設の入り口に地元で採れた野菜が直売されていて、100円のブロッコリーと8個で500円の王林を購入。

満喫!

| | コメント (0)

2010/10/29

サツマイモ収穫

D1010291

晴れ間を見て、実家の畑のサツマイモ掘りをしました。
息子もカマを持って掘る気マンマン??ではなく遊ぶ気マンマンで畑へ。雨ばかり降っているせいで、土はぺっとり、鍬をふるってほりおこし、サツマイモが見えたら手やミニシャベルで土をかいていきます。
この作業が面白い~!
小学生の時、クラスでサツマイモを育てて収穫し、焼き芋大会をしたけれど、その時ぐらい掘るのにはまった気がする(笑)

D1010292

畝の4分の1ほどしか掘り出せなかったけれど、立派なサツマイモが10数本収穫できました!
お昼にふかして食べたら、まだ甘みは少ないものの(数日おくと甘くなります)、もっちりやわらかくて美味しかった♪
息子のおやつと言えば、リンゴとふかし芋がメインなので、嬉しい収穫です。実家に感謝!

| | コメント (0)

2010/10/23

尼厳山

10月23日(土)
天気:晴れ
Member:じぃちゃん、J、R、namy
コースタイム:
玉依比売神社P9:00~ロッククライミング岩場手前10:10~山頂(780.9m)10:55
山頂発11:35~奇妙山分岐12:10~岩沢登山口12:30~玉依比売神社13:00

D1010238

実家の父と親子三代で山登り。予定の山はイベントなどで混雑しそうだったので、松代の尼厳(あまかざり)山へへ。。。天王山コースを登り、岩沢コースを下りました。
総じて、険しい岩山でした・・・(汗) 山歩きが久しぶりのじぃちゃんには少々きつかったかも。

D1010232岩壁地帯に取り付くまでは、松の木林が続く歩きやすい山道。息子もポールをつきながら15分くらい歩いたかな・・・それなりに急坂だったけれどいいペースで登り、途中で自ら「座る」と言って休憩をしたのにはびっくりするやら可笑しいやら。おやつのパンと麦茶で小休止。この辺りからぐんぐん標高を上げてゆくので、息子は背負子に。
岩がゴロゴロ地帯に突入し、しばらく行くと巨岩だらけ、浮石だらけのつづら折を越えると、ロッククライミングもされるという岩場の近くに到着。みんなが休憩している間、私だけその岩場に行ってみました。

D1010233

すごい迫力。これって難しいんだろうな? 小川山は初心者でもいける雰囲気があるけれど、ここは登れそうで登れない感じ・・・でも、登ったら景色はすごく良さそうです。

途中、まさかの鎖場が数箇所ありました・・・。いや、真新しい鎖だったから調べれば分かったんだろうけど・・・そこまの岩場帯だとは思わなかった。

D1010236そんなこんなで、ゆっくりと登ってようやく山頂へ!
山頂への第一歩を踏んだ途端、まず目に飛び込んできたのは楓の木かな?その木だけかなり赤く紅葉している!
なんだか、がんばったご褒美をもらったみたいですごく嬉しかったな。

そして、二歩三歩と進むと・・・パーっと開けた視界に飛び込んできたのは。
長野盆地、北信五岳、北アルプス、戸隠連峰! それが一望できるんです。目の前に千曲川の大きな流れがあり、その向こうに家々、そして山の連なりと重なり・・・。これはほんとうにすごかった!天気も良くて空気も澄んでいたから、北アルプスまで見えた。感動。

D1010235_2

コンデジでは撮れないなぁ・・・じぃちゃんのデジイチ画像に期待(まだ見てない)。

Sd1010237
山頂で30分ほど遊んで、岩沢コースを下る。
山頂直下は息子を担いでみました・・・お・・・重い。さらに重くなっていた。成長を感じる瞬間です。
下りもほぼ急斜面、半分も行かないうちに膝が笑いそうになってきて、交代(苦笑)次はもうちょっと緩い道で担ごう・・・。
熊か猪が砂あび(土あび)をした跡や、動物の糞も落ちていたりして、ちょっと怖い。やたらと鈴を鳴らしながら歩きました。岩沢の登山口までは一時間ほどで着いたんだけれど、そこから駐車ポイントまで30分の舗装路歩き。もっとちゃんと調べて、自転車をデポするべきでした・・・。

予想していたよりもハードな山。だから登る人も少ないのかな?

| | コメント (0)

2010/10/21

手織り工房・すずがな

D1010211

千曲市屋代にある「手織り工房・すずがな」で個展があるというので、初日にお邪魔してみました。自宅兼アトリエは、古き良き日本家屋。昭和の懐かしさがあります。玄関からお邪魔しま~すと入ってみると、壁の飾りから置いてある花器、家具、のれん・・・すべてが懐かしいような優しいような・・・雰囲気でした。作家の根本協子さんのライフスタイルそのままなんでしょうね。
玄関からすぐ右手の床の間ありの日本間が個展の会場。ドドーンとはた織機が2台!全部木でできています。作業をする手元を照らすのは、裸電球。ん~、なんかいい雰囲気。次の間に続く襖の前には、桐のタンス。レトロ。こんなタンスが欲しい。

基本は藍染なんだそうです。藍染をするところがどんどん減ってきて、今は島根の方まで染を発注しているそう・・・この藍のなんともいえない色は、日本ならではだと思うんだけれど、だんだんと減ってゆくのは寂しいですね。
他にも茶綿という綿から紡いだ糸を使った織物(ショール)や、綺麗なピンク色の織物もありました。どれも自然な色合いがなんとも落ち着く織物。使えば使うほど、糸同士、色同士が馴染み、風合いも肌触りも良くなっていくんです。根本さん自身が20年も30年も使い続けたテーブルクロスや、ストールを見せていただいたけれど、本当にこなれていい感じになってました。その日自分が首に巻いていたストール(某アジアの国で安~く買った綿布)気に入ってはいるけど、その時ばかりはちょっと恥ずかしくなってしまいました。

今回は、藍染の格子織のストール(タペストリーやテーブルランナーや何にでも使えそう)を両親が買ってくれました!めちゃ嬉しい。「本物」を長く使えるというのは幸せなことです。

D1010212D1010213

| | コメント (0)

2010/10/17

リメイク* 太リブのトレーナー 95

D1010172

Before。。。しわしわ。。。
D1010171先日、クローゼットの衣替えをしたらもう何年も着ていないトレーナーが出てきた。
一応、某カジュアルブランドのものなので、生地も縫製もしっかりしている。
早速、息子のトレーナーへとリメイク。この色好きなんだよねー、捨てるには惜しくて。

型紙は90cmと100cmしかない。90じゃジャストサイズすぎて、すぐに着られなくなりそう。100だと大きすぎ。迷った末、元の型紙から95cmサイズをおこしました。
袖口と裾のリブ部分が太めでかわいかったので、そのまま利用。
何の柄もなくて寂しいなぁ~と思ったけれど、センスがないため。。。ワッペンをどうやって配置したらかわいいのか分からなくて、結局なにもせず。気が向いたら何か付けてみようと思います。


*パターン: ポルカドロップス「おんなの子服 おとこの子服」 シンプルトレーナー
       95cmにアレンジ
*生地:古着

| | コメント (2)

2010/10/11

双子池~亀甲池

10月11日(月)
天気:晴れ
Member:ケン、J、R、namy
コースタイム:大河原峠ヒュッテ9:10~双子山9:30~双子池10:10
        双子池発11:00~亀甲池12:05~お昼~発13:10~ヒュッテ14:15

D1010112

ケンさんプロデュース池紅葉満喫コースで、再び双子池へ。
二日連続だったせいかおやつをあげるタイミングが悪かったのか、息子の機嫌がか~な~り~悪くて、大変でした・・・が、池の景色は最高でまたも癒されました。亀甲池からもこの季節にしてはまだ元気な苔たちの世界にしっとり気分・・・その先は今度は穏やかな笹ワールド、街の裏山のような風景が広がって、1周でいろんな景色を楽しめる、ほんとに満喫コースでした!


D1010114

亀甲池は初めて行ったけれど、水が干上がって「亀の甲」のようになったところは見られませんでしたが、鮮やかな紅葉は見ごたえありました。針葉樹とのコントラストが赤さを引き立てるんだよね。

D1010113

山の紅葉も良かったし、帰り道の車から見た山全体の紅葉もこれまたすごく迫力のある綺麗さで感動。


息子の機嫌が悪かったせいもあって、あまり写真を撮れなかったのは残念。
親の都合で山に連れてこられてるんだから・・・機嫌が悪くなるのも当たり前だよね。
それでも、池の水辺をパチャパチャ歩いたり枯れ木で遊んだり、少しは楽しめたんじゃないかな? ポールを使って上手に歩いていたのはびっくり。ちゃんと、ポールを支えにして登ったりおりたりしてたんです。知らないうちにどんどん成長するんだね。
(ポールは山スキー用の伸縮自在のものを使っています・笑)


| | コメント (0)

2010/10/10

八島湿原~物見岩

10月10日(土)
天気:晴れ
Member:ひこまさ、けいこ、S坊、J、R、namy
コースタイム:八島湿原ビジターセンター11:20~キャンプ場12:00~物見岩12:35
         物見岩発13:30~ビジターセンター14:30

D1010102

天気予報ではかなり天候が怪しかったのに、朝食を食べている間に青空が見えてきた。雪山友達ひこまさくんファミリーとにゅうへ行く予定を諦めて、温泉でまったりか~なんて油断していたので、スタートがかなり遅くなってしまった。
ちいさい子供が2人いても、行けそうな車山高原へターゲットを変えて出発!
空はどんどん青くなってゆく!長袖じゃ暑いぐらい。

D1010101

湿原を周回している木道を歩く。
S坊くんは背負子の上、うちの子はてくてく歩きました。キャンプ場からは、息子も背負子の上へ・・・最近、乗るのをぐずります・・・自分の足で歩く方が楽しいんだろうな。
湿原の中は秋枯れ色、周囲の木はほどよく紅葉して、ススキの穂がまっしろできれい。

D1010104
物見岩手前からの八島湿原全景。

ニッコウキスゲの時期に来たら、これまた綺麗なんだろうなぁ~。

D1010103

蝶々深山まで行けるかと思ったけれど、物見岩でまったり~。子供たちもゴロゴロの岩場を楽しんで遊んでました。こんなに天気がよくなるとは思わなくて、とても得した気分。

D1010105_2

笹ボーイ

| | コメント (0)

2010/10/09

リメイク* ジャージ 90

D101009

かつての仕事で使い古したジャージを息子用にリメイク。
脇も裾も元のジャージの縫い目を生かしたので、1時間ぐらいで仕上がってしまった。お手軽な方法だ!
ジャージ生地は初めて縫ってみるのでどんな感じだろう?とやや慎重にミシンがけをしてみたんだけれど・・・意外と滑ることなく大丈夫でした。裏が少し起毛しているジャージだったからかな?
ニットを扱ってると、マチ針よりもクリップがいいなぁと思う。裁縫用のクリップを買うか、目玉クリップで代用しようか、考え中。でも、ロックミシンじゃないからクリップだと邪魔になるのかな?
まあ、いろいろやってみましょう。

*パターン:「Lalala3」 パジャマ 90cm
*生地:古着

| | コメント (0)

2010/10/08

リメイク* 長袖Tシャツ・パジャマ用 90

D10081

本格的に寒くなってくるまでの間用の息子のパジャマ。古着のTシャツを2種使って。
パッと見、パジャマじゃなくて普段着にしてもいいんじゃない?なんて感じで、自己満足です(笑)元がかなり着古したTシャツなので、やっぱり普段着せるとしたら、パーカーの下とかになっちゃうかな~。実物はもっと古い感じです。

そろそろ、冬用のパジャマも作らなければ・・・(焦る)

*パターン:「Lalala3」 パジャマ90cm
*生地:古着Tシャツ

| | コメント (0)

2010/10/06

リメイク* フラップポケットのパンツ S

夏の間は、暑くてミシンに向かう気持ちになれず・・・久しぶりに裁縫再開。

自分の古いズボンをバラして、息子のズボンに。
今回は初めてフラップポケットに挑戦!難しいかな?と思ったけれど、手順が若干多いくらいで、そんなに難しくなかった。まあ、一番単純なフラップポケットなんだけど。

D1010061

ヒップポケットは、生地の裏を使いました。
元のズボンからうまく生地を取れなくて、やむをえず、膝の薄くなった部分をそのまま利用。着古した感じのズボンになってしまったのがちょっと残念・・・
サイズは大きめに作ったから、これもまた来年の秋冬も着れるんじゃないかと期待。

D1010062

*パターン:フィットパターン・サンのニットパンツ S(だいたい95cmくらい)
*生地:古着

| | コメント (0)

2010/10/02

黒斑山

10月2日(土)
天気:晴れ
Member:ともわかさん、ブッチーさん、J、R、namy
コースタイム:登り(表コース)、下山(中コース)
車坂峠登山口9:05~避難小屋10:15~山頂11:05
~下山開始12:00~登山口13:00

浅間山の壮大な景色が見たくて、再び黒斑山へ。再びと言っても前に登ったのは2004年8月でした。懐かしい!

D1010021
朝はガス。山の景色も街の景色も真っ白で全然見えない。みんなで晴れてくれ~~と祈りつつ、表コースを歩きました。こちらのコースは晴れていたら所々景色がいいんだよね・・・

D1010022おっ!晴れてきた!
標高を上げるにしたがって、ガスも晴れ、青空も見えてきた。「よ~し」と気分も明るくなった瞬間。木によっては効用が始まっていたりして、空とのコントラストもなかなかいい。細かい岩・石や土がちょっと湿っていたのが、ガレガガレの道には良かったみたいで、まあまあの歩きやすさ。

避難小屋の少し先で、ぱっと視界が開けたかと思うと、目の前にドドーンと浅間山(前掛山)!

D1020023

思わず「お~~っ♪」と声をあげてしまうほど。大きいなあ~浅間山。みんなでデジカメや携帯で撮り合いっこ。このポイントはほんとに綺麗に撮れる。年賀状の画像にしたら、いいよね~なんて話しながら(もうそんな時期か・・・)、着々と歩を進めて、山頂到着!
登山のベストシーズンでもあるから、登山者も多い。譲り合いながら、お決まりの山頂ポーズ。
晴れて浅間山の火口や登山者までくっきり見えました。ほんと、ここからの浅間山もいい!

D1010024_2息子が暴れてます(笑)

おにぎりやおやつを食べて、中コースを下山しました。
こちらの道は展望は良くないのですが、とても歩きやすくて、ついつい早歩きになってしまいます。

笹の群生がきれい~
D1010025
林の中を歩く中コースもなかなかオススメ。
1時間程度で下山し、「佐助」でラーメンを食べて帰宅。良い一日でした。

D1010026

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »