« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010/11/28

松原湖散策

季節は初冬となりました。
なんとなく歩きたくて、八ヶ岳のふもとの松原湖へ行ってみました。1周1.96kmの遊歩道が整備されていて気軽に歩けます。

D1011281_2

湖周辺も葉はすっかり落ちて、冬のよそおい・・・ 誰もいなかったので、逆に静かなのが良かったかな。

D1011282_2ドングリがいっぱい落ちていて、殻が割れはじめていました。それを熱心にむく息子。
ぐずぐずしていてあまり歩きたがらなかったんだけれど、どんぐりでちょっと機嫌が良くなった♪
落ち葉を踏みしめて歩くのもフカフカして気持ちいい。湖面を見下ろす位置にある遊歩道は、こじんまりした松原湖を一望できる箇所もあり、季節が違ったらまたいいんだろうなぁと思いました。

D1011283_2

湖の東側には、松原諏方神社の下社とちょっとした広場があり、ここでおやつタイム。風が吹いていたので石垣の陰に座って。温かいお茶が体に心地いい~。
息子は食べ終わったらすぐに走って遊びにいってしまいましたが。もっとまったりしようよ~

D1011284_2
D1011287_2

湖の南側に行きますと、立派な社が。

D1011285_2

・・・と思ったら、トイレでした。びっくり。しかも凍結防止装置がついた立派なトイレ。その名も「神様の厠」!
トイレに限らず、湖の周りにはいくつかの祠や社が点在していました。なにか謂れがあるんだろうなぁ。

D1011288_2
ちょっとした中州にあった社。石の橋でつながっています。昔は陸続きだったんだろうな。この社の裏に、戦国武将の母のお墓ありの立て看板が!「この先20m」って・・・・湖のど真ん中なんですけど? やっぱり昔は湖じゃなかったんだ。

D1011286_2D1011289_2

南側には松原諏方神社の上社があり、その神社が見下ろす位置に巨木が! 
杉、カエデ、ヒノキ・・・樹齢1000年とされいるサワラの巨木は幹が空洞で、夜にはそこから星が見えるという。うーん、すごい。夏はどうなっているのか?興味津々です。
上社の御神木も立派な巨木でした。

D101128_2国の重要文化財もありました。「野ざらしの鐘」。武田信玄の戦利品だそうです。屋根の下に置くと火事になるとの言い伝えから、野ざらしに置かれていたようです。今は屋根の下で大丈夫?

こうして1周、1時間半くらい。
帰りに「八峰の湯」へ。歩いた後の温泉は本当に気持ちいいね。

| | コメント (0)

2010/11/14

気球に乗って

熱気球の体験搭乗してきました~。
なかなか乗れるものじゃないから、ワクワク。
終了時間の10分前に到着してみたら、意外と人が少なかった・・・ので、あまり待たずに乗れました。観光客向けのイベントだったようです。(でも地元新聞や広告には何回か宣伝が載ってました)

D1011141

気球、間近で見るのは初めてだったけれどとても大きくて、バーナーの音以外はとっても静かな乗り物だなぁと思いました。ふわふわ浮かんで、とっても穏やかなんだけれど迫力ある!
乗ってみると、バーナーの小ささにびっくり・・・え?こんなに小さいので、こんな大きい気球が飛ぶの??
しかも浮かんだ瞬間が分からないくらい静かでスムーズ、ゆっくり上昇・・・見ていると結構早いなと思ったのに、乗ってみたらゆっくりに感じました。ふわふわ~ふわふわ~ 垂直に20mほど上昇するだけだったので、実際に飛んで行くとしたら、また違った感覚があるんだろうなぁ。
気持ちよかったです!

D1011142

今回は、気球を畳んで片付けるところまで見学させてもらっちゃいました。
あんなに大きな気球があっという間に、「布」になり、空気が抜かれてコンパクトに・・・

D1011143_3気球はゆっくり地面に倒され、空気が抜かれていきます。


D1011144温かい空気がブワっと出てくる

D1011145こんなにほそ~く畳まれちゃって。


D1011146そして袋に収納され、上に乗って空気抜きをします。


D1011147ギューっとしぼって、こんなにコンパクトに!

気球の布はビニールで、思ったよりもずっと薄かったのにびっくり! ビニールシートよりも薄いかも?軽量で丈夫であるにこしたことはないんだろうけど、バーナーの火や熱が当たる部分も普通の薄い布だったのもびっくりでした。
面白い体験ができました。

| | コメント (2)

2010/11/06

鉄博

大宮の鉄道博物館へ。子供の影響ですな・・・。
電車は通学や通勤、旅行などなどで使ってはいて、乗ることは好きだった。けれど、鉄道や車両自体を好きとか嫌いとかは考えたこともなかったんだけれど。

D1011061

予想以上の広さでした。

D1011062
息子は車両自体に喜ぶというよりは、電車に乗ったり降りたり、車窓から外を眺めたりするのが楽しかったみたいで、ひたすら歩いてはあっちこっちの展示電車に「乗る~~!」で、ゆっくり展示を見ることはできませんでした・・・。でも!面白かった!
やっぱり自分が昔乗っていて、今はない車両と同型のものとか思い出とともに(?)よみがえってくるんだよね。
昔、「ちくま」という寝台車があって、大阪への往復に使っていたけれど、今はない。それと同じような寝台車の車両があり、直角すぎる座席とか寝台の形など見て・・・当時の感情も想い出したりしてね。
操縦体験や、滅多に見ることができない新幹線の下部とか、メカとか。迫力あり!これは、大人の方が楽しいかもしれない(笑)

切符切ってもらう体験をし、車掌帽をかぶって記念撮影してもらい、3階の展望室で新幹線見ながら駅弁を食べ、ジオラマの精度に感動し、それなりに満喫しました。

また子供が大きくなったら行きたいなぁ~。その頃は、息子ももうちょっと違う楽しみ方ができるだろうね。

| | コメント (0)

2010/11/03

乙女湖公園裏山とあぐりの湯

D1011034

気温がすごく低くなって、子連れ山登りは厳しい・・・でも子供はどっかで動き回りたいだろうな?ってことで、お弁当持って、小諸市の乙女湖公園へ行ってきました。JR小海線・乙女駅より5分。今回は車で行ったけれど、電車に乗って行くのもいいかもなぁ。

ちびっこが遊べる広場、テニスコート、ゲートボール場、体育館・・・と施設が整っている公園でした。

紅葉がきれい。
D1011031

人工の池があり、鯉が山ほど住んでいた・・・・

うじゃうじゃ

D1011032

息子もその鯉の大群に興味津々。欄干から池をのぞきこんで離れませんでした。
池から少し歩くと、「野鳥の森入口」の看板があり、木の階段が裏山の上へと続いています・・・これは登ってみるしかないでしょう~。息子も躊躇なく階段に突入。
ちょっと高い場所へ行くと、眺めがよくなったり、静かな環境だったり、自然がいっぱいだったり・・・和みますね。紅葉も綺麗でした。

D1011033

けっこうな広さを遊歩道が整備されていて、山の中をたっぷり歩けて面白かった。山へ行かなくても森林浴が楽しめるのは、ココに住んでいるから。ありがたいことです。

遊歩道と階段を一番上まで登ったら、お寺の仏舎利塔あり。

D1011035

なんだか異国に来たみたい?

風が強くて屋外でお弁当を食べることが出来なかったので、近くの温泉「あぐりの湯こもろ」へ。
浅間山~湯の丸山~の景色が一望できる場所にありました。露天風呂からの景色も良かった。熱いから息子は入れなかったけれど・・・私も入れなかった・・・内湯は堪能しました♪

まったり休日、ほんとうに眠くなりました。。。。

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »